無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
今日もガッタガタ

ペンを入れようにも、ミリペン選択にしてもガタガタ。

タブレットとの戦いなのか、体調なのかは微妙。

アナログでちょろっと描いた奴も、なんか線が揺れてるし。

体調かね。

くしゃみすると鼻水たれる。

出来る部分だけ進めたものの、先が思いやられる。

あ、今日は低体温ではない。

今気がついたけど、今日何にも食べてないや。

そーいえば。

そっちかなぁ?

全く食べる気がしないんで、このまま葛根湯飲んで寝るか、なんか喰う努力をするか悩む所。

もう二十一時過ぎてるしなー。

手を付けた

取込んで調整して、コマ割り。

最初の段階をやっとクリア。

今月中に入れるつもりなのに何をのんびりって感じだが、体調と相談のうえ。

低体温発症すると手がブルブル震えてコマすら割れないからさー。

やっと取込んだよ。

本当。

これからペン入れ始めるのに今日はダメっぽいし。

お湯の飲み過ぎでお腹ががばがばだし。

パニックもちょっと起こしつつ、薬飲んで。

それでも足りなくて煙草吸って。

煙草は強制過呼吸防止策。

吸ったら必ず吐かないといけないから。

あと、それで気が紛れる。

ただ、煙草成分自体には弱いから、あんまり行き過ぎると下る。

色々ギリギリ過ぎるな。

ネーム段階で見せた人には好評だったから、内容的には大丈夫そうだけど。

実作業が体調的に進められないのは痛い。

いっそ取込んだネームに字だけ入れて出そうかなーとか弱気にもなる。

その方が絵も綺麗なのがなんかムカつくけど。

いやいや、今回ちゃんと入稿するんだからペン入れて効果もやるんだい。

今日がダメでも明日があるさ。

最終〆切りまでに間に合えば刷ってくれるし。

本当、体調なんとかなれ。

重大な事に気がついた

〆切りが思ってたのと違った!

ま、前倒しの勘違いで良かったー。

予定通りどころか余裕入稿出来そう。

しかしもう一つ重大な事に気がついた。

本のナンバリングが全然間違ってた!

もう発行済の本だから直しようが無い。

次から正しいナンバリングにしよう。

何でこんなことが起こったかというと、ペダルの本全体と今鳴だけの本でナンバリングが混ざったから。

正しくは冬コミに出る本が今鳴22。

ペダル全体だと27。

数もまともに数えられないのか。

っていうか、そんなに本が出て、更にまだまだ続くと思ってなかったから。

ええ、まだまだ続く。

今回も一冊にするには分量が多くて分けちゃったし。

最低でも五月まではペダルだよ。

その後もペダルだろうけど。

ほかのジャンルも気になりながらも、ペダルで出したい話がまだあるからなー。

いきなりころっと変る可能性もあるけど、申し込み時点でペダルなのは多分変らない。

だって何ヶ月も先の申し込みとか、自分でもどこに流れ着いてるかわかんねーよ。

沼は突然深みだったりするし。

今の所まだ浅瀬でぷかぷかしてるから、多分ペダルのまま。

原稿とりあえず終わってからワートリ舐めるように読むつもりではあるけど。

動くか分かんない。

嬉しい便り

オリジナル百合のliar dollの感想頂きました!

嬉しい!

何が励みになるって、感想だよね。

古い作品の総集編なので、自分自身が冷静に見直せない所ではあるんだけど。

話が面白いと言われてとても嬉しい。

絶賛リハビリ開始あたりの作品なので、絵はもう壊滅的なのは分かってる。

それでも話が読んで楽しめるものならば、出したかいがあり。

コツコツ描いて、(財布と相談して)時間差で総集編、というスタイルが定着してきた感じ。

量の多いページを無理矢理描くんじゃなくて、丁寧に拾って行きたいなぁ。

ページ数多くてもちゃんとまとまればそれに越した事は無いんだけど、オリジナルだと一回限りでキャラを使い切ってしまうのがなんかもったいなくもあり、もっと踏み込みたい気持ちもあり。

二次版はキャラの共通認識があるからいきなり話に入っちゃうけど、オリジナルはどんな子なのかから描き始めるので追加要素が描いてるうちに増えちゃう。

総集編待ちの作品が溜まってきてるけど、現行でやってるシリーズ物もきっちり終わらせたい。

毎回一話完結の読み切りシリーズなので、次の本が出るまでにキャラが育つ感じ。

もちろん毎回楽しんで頂けるよう、全力で!

絵もリハビリの効果がちょっとずつでてるとは思うんで、両方で楽しめるようなものが出せるようになるといいなぁ。

一応描き終わった時は自己最高地点到達なので、手を緩めず続けて行きたいと。

千里の道も一歩から。

一番上手かった頃に追いつけ追い越せ。

少なくとも誤字チェックをまともに出来る位見直せる範囲に早く到達したい。

マンガでの誤字は、ほぼ恥ずかしくて見逃しているのが原因。

頑張ります。

全然進まない

具合が悪過ぎて全然原稿が進まない。

原稿、というか、ネーム段階で詰まってる。

集中力ゼロー。

二十三日に出すつもりなのに、まだページ数すら割り出せてない。

四日ばかりほかに時間を取られる事決定なので、もうかなりリミット。

大筋は一緒だけど、完全に新しい話になるから、その書き出し段階。

chocolate daysシリーズ最後の本だからきちんとまとめたいんだけど。

熱が出始めたらしく、眼球が熱い。

寝る前に葛根湯飲んどかないと。

あまりにも治らなかったら延期かなぁ。

急ぎ働きで〆を中途半端にしたくないし。

コマ割が謎過ぎる

無料公開サイトのコマ割り機能が謎過ぎて苦戦。

何で四コマなのに縦に素直にコマ順が振られないのか。

全部直したつもりだけど、読めなかったら全ページ表示で見てもらうしかない。

遠い昔のやつだから、もう何も手を加える元気も無く。

普通のマンガの総集編あげるとか考えただけで萎える。

総集編自体が自分的にはかなり苦行なのもあるんだけど。

話はいいのに絵が残念過ぎて。

そんなもん売るなと言われそうだが、話は読んで欲しいんだよ。

でも、同じ話を絵だけ描き直すと無限ループにはまっちゃうから。

なので、新しい話を描く。

四コマに関しては、新しいも何も、ネタの切り口だけだから描き直す意味が無い。

絵に関しては自分で見返しても一時間単位で変るから、もうページの頭から順番に終わりまで描くのみ。

一作分でさえそんな感じなのに、数ヶ月、数年経ったヤツなんて…。

大体、一冊の本の場合、表紙を一番最後に描いてるから、表紙が一番まとも。

これって詐欺になる?

いやいや、時間差ではそんなに詐欺じゃないはずなんだけど。

進化し続けると言うより、止まると死ぬマグロのような。

HPは鰯だけど。

で、また、コミティアに向けてごそごそ動き出してはいる。

まだ、絵入れまで行ってないからいい感じ。

誰かに代わりに描いてもらうにしても、ネームまでやったらもう自分で描いた方が早いし。

大体そんな奇特な人知らんし。

コツコツ作業をローテで頑張る。

新刊間に合った!

明日のglf、新刊間に合った。

さすがに疲れ果てた巻はあるけど、開始時刻が遅めだからなんとかなると信じたい。

chocolate daysの4・5という中途半端な所だけど、逆にさらっと流すつもりだった所がちゃんと描けて結果的に良かったかも。

後は明日、会場にちゃんとたどり着く事。

ちょこっとだけど固形物も食べられるようになってきたし。

何とか持ちこたえたい。

固形物食べられない期間を考えると、煙草と酒と水で人体の大部分が構成されてる気がする。

手が震える

原稿しようにも手が震えて線が引けない。

どりゃあ!

頑張ってもダメ。。。

メンタルな方から来てる震えっぽいから諦めて寝ろ。

昨日も動けなかったのに今日もダメとか。

はー、なんか秋鬱つえぇな。

子がシで子がネだから「シネ」とか、どういう発想なんだか。

念のためエアコンは切らず暗闇に潜む。

紙って重い

週末のコミティア用にコピーをしに行ったんだけど。

重い。

とにかく重い。

なんでカートで行かなかったんだ?と後悔する重さ。

紙って重いんだねー(今更)。

イベント会場にはもちろんカートで行くけど。

今日は手提げで行ってしまったのだよ。

しかも用事の一番始めにコピーして、そのまま荷物を持って歩くと言う苦行。

最後に行けば良かったと思っても後の祭り。

結局スペースの問題で、新刊は一冊。

あと、コミティア初売りが一冊。

委託が本三種類と便箋四種類。

chocolate daysは今回おやすみ。

上手く話を詰められたら来月のglfで出したいな。

年内はオリジナルで、冬が受かってたらペダルって感じ。

一年分のネタを一冊にするか分冊にするかが悩みどころ。

分厚くて高いのと、薄い本とどっちの方が手に取りやすいんだろう?

自分を買い手の基準にするには、好きキャラが幸せならBL、GL、NL、受け攻め関係なく漁るから基準にならない。

CP萌えでもリバありきだしね。

そして紙が重い荷物の搬入を考えると湯鬱。

帰り道が辛い。

明日、プリント用紙も買ってこなきゃ。

今日はコピーの分が重過ぎて挫折した。

愛が無かったら描いてない
 過去にもらったコメントとかを見直しててどん底に。
絵が残念な事とか、自分の描く物に愛が無いとか色々いわれててな。
過去やってたジャンルの頃は絵が残念って程ではなかったんだけど。
心体的に一番良かった所からものすごい急降下して、そこからリハビリ中なわけなんだ。
マンガ絵に関しては残念感がまだまだ続いてるのは事実だけど、最底辺の時よりはまだましになってきてる。
画業という意味では評価されてない訳ではない。
不思議な事に。
まあ、賞とかに申し込んだりしてないから肩書きは無いけど。
自分でもマンガ絵に関してはまだまだなのは分かってる。
それでも愛があるから描き続けてる。
一冊分描き終わる頃には頭の方で描いた絵が残念になる位には、自分の中でも自分の絵への鮮度が、青魚並みに足が速い。
でも愛があるから練習もしてるし、描き続けてるんだけど。
へたくそは描くなと言われても、それを表に出して、被るリスクは自分が被ってるんだから、気に入らないなら見ないという選択肢をされても仕方ないとは思ってる。
偶然見てしまって不快と言われたら、それはすまんけど。
人から文句いわれる程酷い、でもいいと言ってくれる人もいる。
自分の絵は流行の絵柄ではない事は重々承知してるけど、誰の絵にも似ていないとも思っているので、無理に変えようとは思わない。
描くもの、書くもの、愛あってこそ。
絵柄に変化が出たなら、それはそれで自分のものだ。
模写のようにそっくりに描く事が出来ない訳ではないけれど、自分が描きたいと思うものを描く自由のリスクを取る。