無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
忘れていた所に

原稿の原本が帰ってきた。

取込んでどっかで公開しよう。

続き物で、本になった分は電子書籍サイトに登録されてるんだが、それの一話目が帰ってきた。

そこから誘導で電子書籍に持ってくしか。

本にした分は冊子からの取り込みなんで、入り口として原本無料でもいいかなーと。

全部無料公開でもいい気はするんだけど、一応買ってくれた人もいるので経年による割引はあっても総集編無料ってのも。

無料で公開してる分は再版も電子書籍登録も無い過去原なんだが。

三年位経ったら無料でもいい気もしてるけど、その辺微妙。

見て欲しい気持ちと義理でうーんってなってる感じ。

現在進行形で描いてるものに関しては、さすがに有料登録してる。

自分でまとめて総集編を出してるものに関しては有料登録かなー。

総集するほど分量が無いものとか、描き下ろしを描く気が無いものは無料でもいいかーってしてるけど。

電子書籍、原稿自体の劣化が無い分、なんか戸惑う。

自分で見返したくない分を無料化すると全部になっちゃうし。

日々の微妙な進歩で見返したくない率が高すぎるんだよね。

ちなみにアナログとデジタルではアナログの方が断然マシ。

しかし今マンガ原稿を描くのはデジタルなのでそこの差異も自分的にはかなり辛い。

昔の方が絵は上手かったけど話は今の方がいいって言われると身悶えする。

描いてる本人は同じなのに。

昔の絵のまま、というか、そこからの進行形だったらと思うとかなりキツい。

病気の副産物として相当のリハビリを進行形で必要としている事に自分で歯噛みする。

しかも板タブとの相性は最悪。

アナログで線画まで出来ない以上、歯ぎしりしながら頑張るしかない。

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。