無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
コンテンツ移動
 ゆるくていい
というブログに生活の小豆は吸収合併されました。
http://yaplog.jp/not-azuki/
です。
内容はまめまめ知識のまま、というかまめまめ知識を集めて欲しいと言われたので別建てになりました。
雪国じゃないのに雪かきで苦労している人へ
 雪はかくんじゃなくて、切り取ってどかすんだよー。
まるでケーキを食べるかのように、下まで切って、下から救い上げて捨てる。
石切り場とかみたいに、持てる大きさに四角く切って捨てるのだ。
とりあえず雪をどかそうとすると、いつまでたっても雪ガ減らないのはそのため。
きって捨てる。
かいてるんだと、犬が穴ほってるのと同じ状態で手前にまた雪の山が出来ちゃうからね。
雪かきスコップがなくても、ちりとりで代用出来るよ。
スクレーパーで磨いたみたいに綺麗に雪がどけられる。
実際降り始めとかに除雪するんならスクレーパーも有効。
積もっちゃったら、エスキモーのドームでも作る気分で四角く切り取って移動。
あんまり欲張らないで、通れる分だけ除雪したら休憩を。
慣れない事やると腰いわすし。
車だったらタイヤの通る場所だけ最低限除雪しとけばなんとかなる。
ポイントは駆動輪の前の雪を完全に取り除いておく事。
これだけでもかなり違う。
ちゃんと車輪が前の地面と噛むから進む。
きっちり除雪してあっても凍ってるときなんかは、フロントガラス用の溶解スプレーで氷を溶かせば大丈夫。
お湯とかかけるともっと凍りやすくなるから注意。
とりあえずそこまでやったら、後は雪が緩む日中に同じ手順で雪をどけて行くだけ。
夜とか朝は凍ってて、体力消耗するだけだよ。
とにかく振れ
 朝から洗濯物の話。
フカッとさせたいものって、だんだんフカッと度が下がってくるのが難点。
でも簡単に再生出来る事に気がついた。
乾燥機のある家なら、五分位回してから干せばフカッとが蘇る。
でも乾燥機使うのが面倒な自分は…。
とにかく振る。
二十回位全力で振ると、空気がいい具合に入るらしく、フカッと度が蘇る。
タオルとか、劇的にふかふかになってビックリした。
今までも振って干してたけど、振りが甘かったという事が判明。
フリースとかもガンガン振って干せばいつまでもふかふか。
一部で流行のナイロンジャージの中身がフリースのヤツも、裏返してフリース面を表にして振ればふかふか。
年単位でゴワゴワで、処分しようかなーと思ってたものも蘇ったのでビックリ。
ただ振るだけでそんなに効果があるとは。
もちろん柔軟剤も使ってるんだけど。
振る事で空気を含ませると、ふかふかになるらしい。
そんな感じでひたすら振って干してたら、ふかふか度が落ちる前にタオルに穴が空く自体が。
ボロタオルも再生されてたんだ…。
流石に穴の空いたタオルは雑巾に降ろしたけど。
全力で振り過ぎて汗だくになってるときもあるけど、やっぱ洗濯物はふかふかがいいね。
外壁工事中で部屋干しを余儀なくされてるから、せめてふかっとだけでもさせたい。
強制的に内腿の筋肉を使う方法
単車乗りじゃないと出来ない方法だが。
まず、スクーター以外の単車の免許を取りに行った場合、実技で一番最初に言われるのがニーグリップ。
これは単車のタンクを膝でしっかり挟んでホールドする事なんだけど、これがちゃんと出来てないと単車が暴れるのだ。
免許を無事に取り公道を走るようになるとだいたいの人が膝が開いちゃうんだよね。
しかし、ここできっちりニーグリップしてると、あら不思議。
内腿が細くなります。
普段使わない内腿に常に力をいれているせいで痩せるのだ!
ペットボトル挟むとかめんどくさい用意もなく、単車乗るだけで痩せる。
ある程度は何とかなっても、誤魔化しが聞かない場合にももちろん有効なわけだが、脂身としては、強制内股筋肉使用ががっつり効く。
単車自体は慣れとかそーいうんで、そんな筋力むきむきでなくても乗れるんだけど、ついでに内股鍛えられるとかなんかお得感。
男の人の着物の着方
 今年の夏はバカボンをいっぱい見たのでちょっとだけコツを。
まず、着物の丈はくるぶしが隠れる位で。
そして帯は腰骨の上に巻く。
縛り方は後でバリエーションを増やせばいいから、とりあえずはほどけないように結ぶ。
お腹の下あたりに帯の上が来ていると思うので、そこを足側にぐっと下げる感じに斜め下方向へ形を整える。
基本はこれだけ。
丈が短過ぎたり、帯の位置が高いとバカボンになっちゃう。
逆に、ここだけきっちりしてれば、着慣れて見える。
おまけでは、着物のときの体の感覚。
手の小指同士を絡ませて引っ張りあいながら、それを下に下げる。
そうすると、内臓が下に下がる。
つまり腰が入った状態になる。
腕は振らずにすっと前に足をもって行けば綺麗に歩けるよ。
内臓を下げる感覚ってのは、殺陣とかやってる時代劇の役者さんに教えてもらった。
それだけでとても様になって見える。
ただし、猫背はダメ。
背筋は伸ばして、胸を開いて、肩を下げる。
これが基本形。
それプラス内臓を下げるをやると、着物に着られるんじゃなく着物を着てるように見える。
姿勢って大事。
ちょっとの手間
 ティーバッグで紅茶を入れるとき、ちゃんと蓋してる?
ちょっとした事だけど味が変わるよ。
沸騰したお湯をティーバッグが踊るようにカップに入れる。
その辺の皿とか、コースターでいいのでカップに蓋をする。
二、三分待つ。
蓋を取ってティーバッグを出す。
それだけ。
ちゃんとポット使って茶葉で入れたみたいな味になるよー。
蓋に使った皿は水蒸気がついてるだけだか、らそのまましまって大丈夫だし。
家で一人分紅茶入れるのは面倒だなって時にでも試してみて。
コーヒーもドロップするなら、最初は粉が湿る位だけお湯をかけて少し待つ。
その後は出来るだけお湯を細ーく出すようにして、丸を描きながら注いでく。
泡が立ってたらちゃんとうまく行ってる合図。
何回かに分けてお湯を入れれば、きっちりコーヒーの味と香りが出るよ。
焦ってだばーっと入れると色付きのお湯になっちゃう。
お湯の入れ方が下手だと泡が出ないか、途中で泡がなくなっちゃうから気をつけて。
本当は炒りたて挽きたての豆でやった方が美味しいけど、粉になったの買って来ても、この入れ方だとかなりいい感じに。
粉は絶対密閉保存!
水が良くても豆が古いと味変わっちゃうんだよ。
お店でそーいうの出たときがっかりするw。
かかとつるりん
  かかとの角質がかなり手強かったはずが、今年はつるりんで夏を越せました。
おおー。
で、何を使ったかというと、「グリセリンカリ液」。
本来はひびやあかぎれに使う、薬局で売ってる液体。
けっこうきつめなので、週二、三回コットンに取ってかかとをこするだけ。
毎日やらなくても十分かかと、きれいなままでした。
化粧水代わりに使ってる人もいるらしいけど、自分にはきつめっぽかったので、そっちは試してない。
角質の気になる所だけこすっただけ。
使い心地はしっとりと思わせておいて実はさっぱり。
べたつき感もなし。
クリームとかと違って塗ってすぐ動き回っても大丈夫。
今までは尿素配合クリームを使ってたけど、それよりも手軽。
値段は五百ミリリットル入りで二千円はしなかったと思う。
一度にそんなに使うものでもないので、一本買ったら一年位持ちそう。
そう考えるとコスパもいいかも。
角質ケアだけでなく、本来のひび、あかぎれにも使えるので、夏だけでなく冬も活躍しそうな予感。
ぱっくり割れる程ではなくても手が荒れた時にちょっと使うだけで全然違う。
家に常備してあるから気になった時にすぐ使えるから、早めケアで治りも早い。
皮膚科で角質取る薬貰った事あるけど、あれは塗り薬だったので、こっちの方が手軽かな。
キツ過ぎたら精製水で薄めてボディーローション代わりに使うのもあり。
暑い時そこ大活躍
評価:
---
Meyer
¥ 2,790
(2012-03-01)
コメント:これこれ、こいつです。

  侮ってました。
電子レンジ用の圧力鍋。
中身入れて、レンジにかけるだけなので、火の側についていなくてもいいし、時間で切れるから焦げ付きも無し。
カレーの下煮とかにも使えて便利過ぎる。
暑い時に食べたい冬瓜のスープとかもお任せで出来ちゃうよ。
値段はちょっと張るけど、使い勝手からそれもありかと。
普通の圧力鍋だと怖い事も、これならお試し出来そう。
とはいえ、当分豆を煮る事はなさそうだけど。
蒸し器用の中蓋もついてるから、かなり使える。
電子レンジだからこその火の通りもいい。
なかなかジャガイモ丸ごと入れたカレーなんて作る気しないけど、これなら楽々。
寒くなったらポトフとかもいいなー。
とにかく焦げないのが一番嬉しい。
普通の圧力鍋だと、たまに水が少なくて焦げてた。
そして蓋はきっちり閉まってるのに液漏れしてた。
だから買い替えたんだけど、大正解。
洗うのも軽いから楽々。
もっと早く出会いたかったよ。
スーパーの景品で見つけるまで、存在すら知らなかった。
これからはまとめて作るのも楽になるな。
冷めればそのまま冷蔵庫に入れられるのもポイント高い。
ビタミンCの落とし穴
美白にはビタミンC。
間違ってはいない。
体内から取る分には、取り過ぎても多かった分は排出されるので、そんなに神経質にならなくても大丈夫。
でも。
肌に塗る系のビタミンCは気をつけないと美白どころか染みの元に。
ビタミンCは紫外線に当たると染みの元になっちゃうんだ。
だからCの入ったものは夜使って、朝顔洗った後は日焼け止めに行かないと。
顔に果物とかキュウリとか貼ってパックしてる絵って良く見るけど実はNG。
パックとかしながら日光浴とか、気をつけないと顔に型つくよ。
家に帰ってメイクを落としたら、ビタミンCの入ったやつできっちりケア。
そして朝起きたら、きっちり落として日焼け止め対策に特化した手入れを。
そこを間違えると、かなり辛い。
せっかくビタミンCが入ったの買っても逆効果とか。
ニベアにビタミンCの粉末を混ぜて美白ってのが出てきてるけど、これも夜だけに。
気をつけて使えば、確かに染みとかそばかす薄くなるよ。
ただ、やっぱり長い事あったものを消すには、かなり気長にやらないと。
一気には白くならない。
そのあたりは気長にやるとして。
実感的には徐々にそばかすとかは薄くなってきてる。
使い方さえ間違わなければかなり有効かと。
とりあえず生姜
 風邪かな?と思ったらとりあえず生姜。
そうでない時も、冷え性防止に生姜。
でも生姜、ガリガリ食べるわけにもいかないのでまたシロップ作ります。
生姜は皮付きのまま五ミリ位に切る。
そしてタッパーへ。
そこにオリゴ糖投入。
後は冷蔵庫で放置。
生姜シロップ完成。
これは炭酸で割るとジンジャーエールにもなるよ。
紅茶にいれるときは、シロップの方じゃなくて、つけてある生姜の方を入れるのもあり。
おろし生姜だと喉にひっかかる感じだけど、これはスライスだから大丈夫。
量は好みで。
別に砂糖で煮出してもいいんだけど、オリゴ糖につけておくだけの方が楽なのと、オリゴ糖お腹に優しいので、こっちを作る事が多い。
シロップ以外にも生姜酢とかも作り置きしてあるよ。
オリゴ糖の代わりにお酢を入れるだけ。
これは酢の物とかに使うとまろやかな感じでよいです。
冷凍しておくよりは使いやすいかなー。
見た目的に千切りの生姜とか乗せたいとかもないことはないんだけど、今、包丁使えないから、味だけで。
簡単作り置きだし。